家事のやりにくいところに、まず留意することが時短工夫の始まりです。

家事は延々と続き、やろうと思ったらきりがない…とよく言われます。
家事は楽しんでやっていても、苦痛と思ってやっていても、容赦なく次から次へと出てくるものです。
本当に置くが深いものなのですよね。

そんな毎日の作業だからこそ、時短がされていることが大事です。
短縮できた分を休憩してもよいし、他の家事を増やしてやることもできます。
要するに、家事の中での無駄を省くことが、実際に良い結果をもたらすということです。

家事は毎日のルーティーンだからこそ、実は見て見ぬふりをしていたり、おざなりにしていることが多いのです。
わかってはいるけど放っていることや、やりにくいなあと常に思うのでイライラするだけでそのままにしていること。
これらを改善することでもたらされる大きな結果は…。
それは時短と、精神的にもすっきりと、よい結果をもたらしてくれるのです。

そこに気づくには、毎日の家事の中で、イラっときたことをしっかりと見つめ直し、ここを改善することなんです。
例えば、ゴミ袋やビニール袋が出しにくいと毎回イライラしたりしますね。
それならこのイライラを取り除くために、時間をとるのです。
そして、ビニールをファイルに収納して出しやすくしたり、タオルハンガーにかけることで、ノンストレスですっと1枚のビニールを片手で取り出せる…。
この小さな改善が、なんとも大きな時短とイラつきカットをもたらしてくれるのです。

家事の改善はこの小さなイライラを見つめ直し、一つずつ改善していくことで、大きな結果をもたらすこと間違いなしです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です